HOME |

CTI を早く・安く導入したい。コールセンターの生産性を向上したい

VoC Managerは、インバウンド・アウトバウンド両対応のCTIソリューションです。
対応履歴や通話録音も標準装備し、コールセンター業務を最大限に支援します。

メリット/特徴

インバウンド
ACDによるルーティング機能で顧客対応の流れをスムーズにし、顧客満足度向上を強力にサポートします。
コールルーティングと着信ポップアップでオペレータの負荷も軽減
  • 着信ポップアップで検索時間短縮
  • スキル、待機時間などで順次接続
  • 案件管理機能で対応漏れなし
コールルーティングと着信ポップアップでオペレータの負荷も軽減
アウトバウンド
柔軟なリスティング機能とプレディクティブダイヤラー・パワーダイヤラーでコールセンターの実力を最大限に引き出します。
プレビューコールやオートダイヤラーで架電効率も断然アップ
  • プレビューコール:顧客リスト・情報を表示しワンクリックで発信
  • プログレッシブ : 自動発信(空きオペレータがいない場合に発信を一時停止)
  • プレディクティブ:自動発信(連続発信して接続した回線のみを接続)
プレビューコールやオートダイヤラーで架電効率も断然アップ
マネジメント
シートマップによるセンター状況の把握やレポートなど運営に必要なKPIを提供し、最適な運営をお手伝いします。
シートマップによるセンター状況の把握やレポートなど運営に必要なKPIを提供し、最適な運営をお手伝いします。
シートマップとレポーティング機能でSV のパフォーマンス向上
  • コールセンター内のレイアウトで閲覧可能
  • エージェントの状況をiPad で確認
  • 通話内容をiPad でモニタリング
  • さまざまな情報をレポーティング

こんなニーズに応えます

  • インバウンド対応を効率良く行いたい。
  • 自動発信(アウトバウンド)により生産性を向上したい。
  • オペレーター状況をリアルタイムに把握したい。
  • 顧客情報を確認しながら応対するために、CRMも導入したい。
  • 通話および運用コスト削減のためにIP電話化したい。
  • 点在する拠点や人材を有効活用するために、
    分散コールセンターや在宅コールセンターを構築したい。
  • 小規模コールセンターから始めて、必要に応じて規模を拡張していきたい。
VoC Managerの詳しいご説明はこちら

使用方法について、料金について、また、こんな機能が欲しいのだけど…。なんでもお気軽にお問い合せください。お客様の立場で最適なご提案をさせて頂きます。